失敗しないリフォームのために、プロからのアドバイス

>

暑さ・寒さはどこから?快適に暮らすためのヒント

エコな住まいは節約上手、断熱・空調

エコな住まいのキーワードは、断熱と空調です。断熱は、壁の中や床下に断熱材を入れれば済むものではありません。
一番熱が出入りする場所が忘れ去られています。それは、窓です。一番手っ取り早くて、断熱効果が高いのは、二重窓にすることです。今までの窓の内側に、枠が樹脂で出来たサッシをはめ込みます。樹脂枠のサッシは、金属製のものに比べて熱を伝えにくいので、冷暖房の効率も上がります。冬場の結露もなくなりますよ。
床も今まで使っていた床材が丈夫なら、その上から新しい床材を貼って二重張りにします。段差の解消と床面からの冷気を防ぐという二重の効果をゲットできます。この二つで、かなりの光熱費が抑えられますよ。
家を長持ちさせるには、換気も大切です。床下の湿気は一番の大敵。床下換気扇は必需品ですよ。また、屋根裏の空調も、夏は風を通せば涼しく・冬は空気を閉じ込めれば温かく過ごすことが出来ますよ。

健康に気配り、快適な住まい

断熱の効果は、健康にも出てきます。冬場、家中温かいとヒートショックが防げます。結露がなければカビも防いで、呼吸器系の疾患対策にもなりますよ。
ところで、この頃若い人の家の内装に、流行っているものがあるそうです。それが、昔ながらの技術、材料を使った内装をすることだとか。
壁には珪藻土・漆喰・土壁を塗ったり、板張りの壁にしたり。木材には合成塗料ではなく、柿渋・漆など自然塗料を使った家がカッコイイ!と見直されているんですって。
確かにこういったものは、調湿効果があったり、有害物質の吸着効果があったりします。長い日本の伝統の中で培われてきたものですし、日本の気候にも合っていますから、健康的な生活を送るのには最適です。内装の選択肢の一つに加えてみてくださいね。
最後に繰り返しますが、内装やインテリアはいつでも変えられます。そう簡単には変えられない所に重点を置いて、上手にリフォームしてくださいね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る