失敗しないリフォームのために、プロからのアドバイス

>

住む人に優しい、将来を見据えた家づくり

長く住むためにはバリアフリー化を

今は若い人でも、いずれは齢を取ります。その時を見越してリフォームしておくのも大切な事ですよ。何度もリフォームしたくはないですよね。
廊下を車いすが通れる広さを確保しておくこともそうですが、浴室に脱衣場、トイレも介助が必要になる場合を想定して、広めにしておきましょう。可能なら大人二人が入れる程度の広さを確保しておきたいところです。
最近のユニットバスには最初から手すりがついていますが、トイレにも手すりを取りつけておくと便利ですよ。もちろん、階段にも安全確保のため手すりは必須です。
ドアもスライド式引き戸にしておくと、たとえ車いすに乗ったままでも戸の開け閉めが出来ます。間取りの都合でどうしてもドアにしなければならない時には、丸い形のドアノブよりもレバーハンドルの物を選択しましょう。
これらのことをお勧めする理由は次で説明しますね。

バリアフリーは高齢者のためではありません

今まで提案してきたことは、何も高齢者の為だけではありませんよ。
トイレが広めに取ってあれば、小さなお子さんのトイレトレーニングの時に、大人が一緒に入って世話をすることが出来ます。腰痛やひざの痛みに悩んでいる人は、トイレの手すりにつかまることで、腰・ひざへの負担を減らすことが出来ます。足にけがをすることもありますから、そういう時にも手すりは大活躍です。ドアのレバーハンドルを勧めるのも、手や腕をけがした時はもちろんのこと、両手が荷物などでふさがっていても肘で押して開けることが出来るからです。
ユニットバスに浴室乾燥機がついていれば、洗濯物を干すことが出来ます。脱衣場も広ければ、折り畳み式の物干しを置くこともできます。雨の日でも洗濯物、乾かせますよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る