失敗しないリフォームのために、プロからのアドバイス

>

リフォームの前に知っておくべき三つのポイント

どうして耐震診断が必要なのでしょう

最近、日本各地で地震がよく起きていますよね。いつ、どこで地震が起きるかわかりません。自分や家族の命を守るために、少しでも地震に強い家にリフォームするために、耐震診断を受けましょう。特に昭和56年6月より前に建てられた住宅は、古い耐震基準で設計されているので地震に弱いのです。
「でも、耐震診断するにもお金がかかるんでしょう?」って思っていますか?実は、国から補助金が出ているので、かなり安く受けられますよ。自治体によっては無料というところもあります。昭和56年6月以降に建てた家でも補助を受けられる場合があるので、まずはお住いの自治体に問い合わせしてくださいね。
更に、耐震診断を受けると、耐震設計、耐震工事の費用の一部を助成してもらえる自治体もありますよ。こんなおいしい話、放っておきますか?
ただし自治体によって、支給される条件や金額が違います。必ず、自治体の窓口で相談・確認してくださいね。

見えないところが一番大事・構造補強

建築のプロに「一番お金をかけるところはどこですか?」と質問してみてください。ほとんどの人が「基礎・柱、筋交い(すじかい)などの構造部分」と答えると思います。構造部分は、家を支える一番重要な部分ですが、壁の中や床下に隠れてしまう部分です。隠れてしまうから、後で手を入れられない部分なんです。ここを補強しておかないと、長く住むことはできません。
家の前を大型車が通った、強い風が吹いた、そんなときに家が揺れるようなら、構造の補強は絶対必要ですよ。耐震診断を受ければ、今の耐震基準で構造を見直しますから、しっかりした家に変わります。特に家族がいつも過ごす部屋と寝室は最も重点を置いてくださいね。
もう一つ必要なことが、シロアリ対策。リフォーム前にシロアリの調査もしてくださいね。工事を始めてからシロアリの被害がわかって、リフォーム予定のなかったところまで工事をすることになるって、良くあることなんですよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る